DMMFXのメリットとデメリットを紹介します

MENU

DMMFXのメリットの紹介

DMMFXのメリットは沢山あります。

 

  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 業界でも高水準のスワップポイント
  • クイック入金の多さではダントツの370金融機関に対応
  • 使いやすさ重視の取引ツール

 

そのため、DMMFXは、総合的に見ると、業界でも最高水準のFX取引業者となり、ここをホームにして取引を行っていえる投資家は多いです。

 

通貨ペアの数も20通貨ペアに増えたので、様々な取引方法を考えることができるようになりました。

 

また、業界最狭水準のスプレッドであるにも関わらず、スプレッド縮小キャンペーンをしているので、さらにスプレッドが狭くなります。

 

その他にも、新規口座開設のキャンペーンを頻繁に行っていますし、一番の魅力は、やはり「スプレッドの狭さ」ですね。

 

スプレッドが狭いので、1日の取引回数が多いデイトレーダーの方は愛用しているFX取引業者になります。

 

その他には、新規注文が弾かれることも無く、ややスリッページが広いのが気になりますが、これは、取引金額量の多い低スプレッドの業者ならどこでもそんな風になっているので、仕方が無いでしょう。

 

大きな資本力があるだけに、サーバーも強靭なものとなっていて、遅すぎるとか、動作が重いということもなく、快適に使えるのも魅力の一つです。

DMMFXのデメリットの紹介

DMMFXのデメリットとしては、そんなに無いのですが、1つだけ他社と比べた際に見劣りがする部分があります。

 

それは「情報サービスの少なさ」です。

 

情報サービスが少ないので、決断できる要素が少なくなってしまいます。

 

また、情報サービスの少なさは、取引ツールにも及びます。

 

他のFX取引業者の場合は、情報サービスが豊富なところも多く、情報サービス専用の取引ツールなども充実していますが、DMMFXでは情報サービス自体が少ないので、取引ツール関連を見渡しても、情報関係の取引ツールが少なくなっています。

 

そのため、DMMFXをメインの取引に使っている方は、他のFX取引業者にも開設して、そちらの情報を見ながら、DMMFXで取引をしているという方が大勢います。

 

あくまでも、気になる部分というのは「情報」に関する部分だけなので、それなら他のFX取引業者に口座を開設して、情報を提供してもらいながら、DMMFXで取引を行うのが賢い選択でしょう。

 

ただし、2つのFX取引業者の画面を立ち上げると、パソコンのスペックによっては動作が重たくなってしまうので、十分に注意が必要です。そのせいで約定や新規注文ができなくなる可能性もありますので気をつけてください。